株式会社グローバルビム - Global BIM Inc.

革命 建設事業に革命を起こす インターネットの普及がわたしたちの
生活を一変させたように、
BIMをはじめとするICT技術の躍進は、
建設事業に革命をもたらします。
深刻な担い手不足や急がれる働き方
改革など山積する課題に対して、
BIMという画期的な情報共有ツールの
効率的な運用は、
建設事業の生産性を飛躍的に向上
させるはずです。
近い未来には、ビル経営や地域経営の
あり方までも
変え得るかもしれません。
Revolution
Revolution
協創 パートナー企業とともに創る 社会が求めるものがどんどんと変化するこの時代。
ビジネスニーズを的確に捉え、革新的なアイデアを生み続けるには、
一社単独ではなくプロジェクトの関係者全てが相互に補完し合いながら
フラットなフォーメーションで知恵を出し合う「協創」が不可欠となってきました。
当社はいち早くこの「協創」というビジネススタイルを取り入れ、
従来の建設事業におけるさまざまな課題をスピーディーに
解決することにチャレンジします。
Co-Creative
現場 施工現場で活きるBIM 多くの企業は、BIMを建設プロジェクトの計画・設計段階に
導入することに注力してきました。
しかし、当社はBIMがもたらす「情報の可視化・一元化」という
メリットを最大限に活かせるのは、
複数の工種、厳しい工程管理が求められる
施工現場だと考えました。
そこで私たちは、業界に先駆けて2012年から
超高層ビル、生産施設、
医療施設、物流施設など多くの施工現場で積極的にBIM導入を進め、生産性と品質向上の実績を重ねています。
BIM@SITE
BIM@SITE
BIM mama 自由な働き方が建設産業を支える ある現場のモデリングデータ。
これは当社と協業体制をもつ会社に所属するスタッフが、自宅で育児をしながら
作業したものかも知れません。
当社は時差を活かした世界的なネットワークやクラウド上に構築した
デジタルプラットフォームの活用により、
グローバルなワークスタイルを実現し、
多くの雇用、新しい職能を創出しています。
これまでにはなかった自由な働き方が建設事業の未来を支えます。
新職能
新職能
日本型 これまでに合う、これまでに無い、協業形態 欧米で誕生したIPDの概念。建設プロジェクト立案後に施工者を決める日本においては、BIM導入が困難なケースがあるのも事実です。
当社は、この日本の実情に対応できるようあらゆるフェーズからBIM 導入を可能とするノウハウを蓄積し、理想的な日本型IPD構築をサポートします。
IPD(Integrated Projec t Deliver y) 建築プロジェクトに関わる施主、設計者、施工者、専門工事会社など、チーム全員が“最適な建物を建てる”という共有目的のもと、プロジェクト初期の段階から最も有効な決定を下すことができる協業形態
Japanese IPD
未来 BIM VISION 多次元BIMが可能性を無限に広げる 10年後は(AI 人工知能)が私たちの生活を支えているということに疑問を持つ方は少ないはずです。
BIMは普及開始からあまり時間を必要とすることなく、建設プロジェクトの計画立案から竣工までトータルに活躍するようになりました。
そして、今後は時間軸とコスト管理手法を身に付け、FM(Facility Management)領域での活躍を始めるでしょう。
3次元から、4次元(時間)、5次元(コスト)と多次元化したBIMは、AIと統合していき、来るべき超スマート社会の情報基盤となっていきます。